最近のトラックバック

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月20日 (金)

中秋の名月

Photo

名月でした。

2013年9月15日 (日)

由起子窯 唐津焼

Yukiko

明日まで岩田屋で開催中です。
6階エスカレーター上った正面。
唐津焼の由起子さんの展示会。今日、明日はご本人にもお会いできます。
由起子さんの作品は実に男らしい(笑)、so cool!
手に持った時の重さも安心する。
今回は大皿の平皿と小鉢、マットな質感の箸置き(白)をいただきました。
 
久々の再会も嬉しく、由起子さんの優しい笑顔にいつも癒されます。

2013年9月 8日 (日)

TOKYO 2020

6

遠く離れたブレノスアイレスからの朗報は、日曜の目覚めを感動に変えてくれました。

汚染水問題に揺れた数日。もしかしたらダメかもしれないね…って思ったのは事実。
この招致に関わったすべての人々のチームワークをみているとなんとかなんとかやってくれるんじゃないかって希望を持って…。
 
嬉しかったな〜。
いやこんなに嬉しいとは思わなかったな〜。
生きてるうちに自分の国で観れるなんて興奮する。
56年前は戦後の高度経済成長期。当時のVTRを観て私自身が感じた事は、セピア色の映像のなか、新幹線が通ったり、高速道路が出来たり国民の顔がイケイケだったように思います。街中は着物姿の女性、洋服をきちっと着た男女が行き交い、まだ鋪装されてない道も多く興味深いフィルムだったりします。『Always三丁目の夕陽』の世界なのかな。古き良き日本の時代かな。よくわからないけど、よく知らないけど。
母はまだ幼少の頃。だけど、カラーテレビが家にきてオリンピックを近所の人たちと皆で楽しんだと記憶を話してました。
 
生きてる間に2回も自国開催で観る事が出来た人は羨ましいと思う。
だって、歴史の証人。
あの頃からこうなった…って感慨深いものがあるでしょうね。
 
今度は私たちの時代。
バブル崩壊、就職超氷河期を経験した我々としてはこの世界的お祭りに期待せざるおえない。知らない世界なの!きっと体験した事のない経済の変化や人々の変化が起きるに違いない。
 
2020年、日本にTOKYOに大輪の花が咲く事でしょう。

2013年9月 1日 (日)

花井さんの絵

先日、心待ちにしていた画家の花井さんが来福。

夫が以前からファンで、知り合う前から、ハワイの画廊で作品を購入したりしていたので、こうしてお会いできるなんて何かご縁を感じます。
X
来福イベント、マイノリティレッブで開催されたWS.ちなみに奥のチェックの方が花井さん。
御年、私と同じ位でしょうか。ハンサムなサーファーで絵描きさん。
彼の作品はなかなか日本で買えない。世界で忙しく活躍されてます。
お話してみましたが礼儀正しく感じの良い方でした。
 
自宅の廊下に飾っている、花井さんの作品です。
P
これは、ハワイのギャラリーで購入したもの。
奥に今回購入した水彩画。
H
何点かある中で、こちらを頂きました。
絵と空間のバランスが美しいと思いました。
お兄さんがサーフボードの手入れをしている絵。
花井さんも今回持参したなかでコレが一番お気に入りだと。それはうれしい!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ