最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

近ごろむさし。

むーさん。
元気ですよ、部長(笑)
 
最近、こんなしてテラスの椅子の上にご褒美置くんですね。
 
そしたらあっという間に…。
 
攻略ですよ。
 

ハマってマス

近所のパン屋さん,Lest。
どのパンも美味しいのですが中でも今ハマってるのが『シナモンレーズンブレット』400円。
 
日曜、月曜日限定ですぐ売り切れます。土曜日限定のブルーベリーブレットもたまりません。
感激のあまりブログ更新です。
 
ちなみにお昼はLestのクロックムッシュいただきました。
 
 

2011年10月23日 (日)

日曜日

日曜日


今朝はあったかい紅茶を入れてスタバのシナモンロールをいただきました。
 
いちにち雨が降ったり曇りだったりすっきりしない天気。
 
糸島に野菜を買いに行くことに。
 
こんなに沢山!
 
そう、一週間分の野菜を買いだめします。スーパーで買うより新鮮で安い。普通に長持ちします。リーフレタスなんて当日朝収穫したもの。嬉しくなります。

他にはお魚のひらきやお豆腐、惣菜、そして個人的には一番の楽しみは…お花。
キッチンからの眺めが額縁のようにお花があって風景か遠くまで見える。
好きな景色。
お料理途中、ときどき遠くを見ては気分転換できます。
 
ピンクのダリア。シンピジウム。可愛いお花が手に入りました。
この方はシャンプーの日でした。

コロン。
 
よく頑張りましたぁ。

2011年10月14日 (金)

秋の夜長を楽しもう

日が暮れるのがだんだん早くなりました。
北側から見える景色は故郷の西区を臨み福岡タワーにドーム、海の向こうに能古島…私の好きな風景です。
灯りが星のよう。
 
先日のこと。一年前に閉店した器屋さん『hinaka』が場所を桜坂に移しリニューアル。オープンの日に駆けつけました。おやすみ中も店主の藤井さんとはあちこちばったりお会いしてたので不思議。
まぁ、でもやっぱりアトリエオープンは嬉しい。私達、夫婦の好きな場所だから。hinaka、第1弾の企画展は唐津焼きの中里鉄也さん。
 
 
男性的な力強い作風が特徴。味のある作品。
大皿は和風なもの、洋風なおかずどちらもいけそう。
一番左の黒い焼き付けのものは見本をお安く譲ってもらったので藤井さんに紹介してもらった蘭のお店で植え込みをお願いしました。ナイスアイデア!
 
小さな黄色の花が咲きます。
高宮にある『プラセール』さん。センスの良い店内には自然に生息する蘭を素敵にアレンジしてます。蘭と言えば高級なイメージですが自然の蘭は可憐で可愛いものばかり。
お手入れはデリケートなのでわりと手がかかりますがそれも楽しい。
ま、言っても直射日光だめとか風通しが良い場所にすること、水やりは毎日霧吹きでたっぷり与えるなど約束事がある程度。毎晩、たくさんシュッシュしてます。
中里さんの器がお洒落にきまってますね。仕上がりに大満足です。
 
hinakaの藤井さんの新たな挑戦は画家として作品を作りながら絵画教室を開き、不定期で作家さんの作品展をやるという構想。
桜坂に登場した古いアパートの一室は白い小箱のような空間です。
そこからまた面白いことがたくさん出てきそうで胸がわくわく、期待してます。
 
 

2011年10月13日 (木)

梅酒うめ〜しゅ

平和にお住まいのSさん家になった立派な青梅。
わけていただいて梅酒をつけたのは6月24日のことでした。
 
 
それから3ヶ月経った9月の梅酒です。しっかり熟成してくれました。伊佐美でつけたかいがありさっぱりとした上品な口当たり。うめ〜しゅ♪
 
ちょっとずつ楽しみにいただいてます。やっぱ手作りは格別ですな。

2011年10月 1日 (土)

台湾二日目

台湾二日目。
午前中、故宮博物院へ行ってきました。明や清の時代の展示物が山ほどありました。戦時中、戦火を逃れるために台湾に避難してきたものらしい。
 
有名ところの翡翠や肉のかたまりを並んで見ました。
近年、中国人観光客の増加で入場が増えてるらしい。確かに昨年、シンガポールに行った時も日本人がすくなくて中国人観光客が沢山でした。時代の流れを感じます。
 
それはそうと故宮にある展示物はイヤホンガイドを借りて観ましたが興味深いものでした。どうやって作ったらできるの?って言うくらい信じられない技術と忍耐がいるようなものばかり。虫眼鏡で見てようやく見える細かい模様や人。単純にすごい!それと共に中国の規模の大きさと豪華でパワーが溢れてた歴史ある時代背景を肌で感じました。
日本のものは穏やかで芸術性が高く私は好きだけど、中国のものはとにかく神業に近いような不思議なものが沢山ありました。
 
午後からはお茶のサロン『小慢』シャオマンに行きました。途中、腹ごしらえに小籠包の店『ディンタイフォン』に立ち寄りましたがすごい人だかりで断念。そのまま台電地区にある『小慢』に到着。ちょうどランチタイム。予約はしてなかったけどお席に座れて頂くことができました。ラッキー。お腹がすいていたので助かりました。小慢はセンスのいいインテリアに囲まれたオシャレな空間。販売されてるお皿は骨董品や日本から買い付けたものが多かったです。ランチ内容も盛り付けも日本と変わらない。オーナーさんは日本好きのよう。
密香烏龍茶1200元や文山包種(毛茶)650元を購入。ちなみに1元が2.5円位なので安くないですよ。なかなか高価なお茶です。
 
帰国して飲みましたが香りが良くて美味しかったです。
 
夜は大安地区にある火鍋の店『マァナァ』に予約入れてました。漢字がでないので片仮名で記載してます。
レストランは行ったとこどこも満席なので要予約ですね。
火鍋はこれまた本場台湾の鍋。
ひとつの鍋に仕切りがあって普通のスープと、辛いスープが一度に楽しめると言う便利な鍋。
白菜やキャベツ、肉団子、台湾産の豚肉、とうもろこし…など好きな具を注文して食べます。
白いスープはこくがありマイルドで美味しい。赤いスープはスパイシーな辛さが癖になる。混ぜて飲んでも美味しい。
一度、二度、三度楽しめる鍋ですね。毎日、台湾グルメを存分に味わえて幸せ。
 
この日の締めは足つぼマッサージ。
ホテル近くにある夏威○養生行館へ。(○は漢字がでません。)
60分950元でした。日本円でだいたい2400円くらい。 
流行りの店でした。
技術もシッカリ。気持ちよかったです。
 
盛りだくさんな1日。
楽しかったな。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ